HOME > 一枚板 > 一枚板の豆知識

一枚板の豆知識

千切り(ちぎり)について

自然の木を家具の材料として使うわけですから、中には「節」や「穴」、「割れ」といった欠点となる部分もあります。
ところが、これらはそれぞれの個性であり、(人間と同じで)時にはとても良い「味」となります。
それをそのまま生かすためには、これ以上割れが広がらないように、あるいは使い勝手が悪くならないように工夫をしてやる必要があります。
そのためによく使うのがこの「千切り」という技法です。
蝶々のような形をしたこの小さな木片を埋め込んでやることによって、「割れ止め」や「穴埋め」などの効果をもたらします。そして千切りは本来の技術的な役割を果たすだけでなく、蝶々型の模様となってデザイン上のアクセントにもなります。
ですから、木の種類や色を見てどんな樹種で作るかを決めていきます。
一般的には濃い色で硬い木(高価な物)を用います。

千切りイメージ

虎斑(とらふ)について

ナラやオーク材などのブナ科に見られる斑紋で、柾目を横切るような帯状の杢目を「斑」(ふ)といいます。
その中でより斑が大きく、虎の毛のような模様に見えるものを「虎斑」といいます。
この杢目は養分貯蔵の役割を担っていた細胞で、柾目取りをすると現れます。
虎斑は他の組織とは光沢が異なり、銀色に輝いているのも特徴で「銀杢」(シルバーグレイン)とも呼ばれ、個性豊かな表情を楽しむことができます。
虎斑は悪い木の部分と勘違いされることもありますが、天然の木材であると同時に、良質な木材である証なのです。
※柾目・・・丸太の中心に向かって切断すると得られる、年輪が平行な木目。

虎斑(とらふ)イメージ
※貴重な森林資源である木材を使用しているので、少しでも材料を無駄にするわけにはいきません。
 そのため、加工段階で現れる「虎斑」を含む材料は、品質に影響がないと判断した場合、製品として完成されます。
 ご理解をいただきますようお願いします。

節(ふし)について

木材は成長する段階において幹より枝を伸ばし、葉をひらき養分を蓄えます。
成長と共に小さな枝は落ち、大きな枝へと変わってゆき、幹の中に枝の芯である「節」が残ります。
幹が大きくなると共に表面から内側に「節」が入り込むので、製材すると表面に現れてきます。
この節が「目節・芽節」と呼ばれるもので、製材した後の加工の段階でも表面に現れてきます。
虎斑と同じように天然木の証でもある「節」は、幹の中に枝の芯が残ることによって生まれ、土壌中のミネラル分を吸収した際の跡によってできたものです。
節の部分の組織は密度が高く硬いため、加工が難しくなります。

節(ふし)イメージ
※貴重な森林資源の木材を使用しているので、少しでも材料を無駄にするわけにはできません。
 そのため、加工段階で現れる「節」を含む材料は、品質に影響がないと判断した場合、製品として完成されます。
 ご理解をいただきますようお願いします。

  • この他にも多種多様な木材をご用意しております!世界にたった一枚のあなたのお気に入りを見つけてください。
  • 一枚板とあわせて脚もお選びください!
  • 様々な特徴で種類も豊富!お気に入りの木を見つけよう
  • 木材の塗装にあなただけのこだわりを!
  • 一枚板をお選びいただく際の豆知識をお届けします!
メールでのお問い合わせはこちら!電話でのお問い合わせは「0748-37-7475」まで!
お買い物ガイド お支払方法について 配送方法・送料について 返品・交換について